忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

情報


検証していないSEOの情報を発信しているサイトはたくさんあります。うちはこれまでは、検証していない情報の発信はどうなのかなと思っていましたが、最近思うのです。検証していなくてもこのような情報は必要なのではないかということが、情報は情報で必要で、その情報をもとに検証する人、検証した人がその情報を発信していけばいいのだと。情報発信するにしても、情報収集するのに時間を使いますし、記事を書くのにも時間を使います。情報収集するということは、検証する時間がないということです。情報を収集するにしても、それなりのコネやネットワークがなくては情報を収集することができません。となると、情報収集する人、その情報を検証する人、これでいいんだなと^^。検証する人にコネやネットワークがなければ、検証することも出来ないですからね。情報収集は一番大変な作業です。他の人が知らない情報を収集しなくてはならないですし、叩かれることも多いですから。

バックリンク サービス
被リンク

「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
画像リンクを増やす
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク

無料引取回収・有料処分・買取、出張専科のリサイクル屋HP、松山市
買取松山
回収松山
PR